逆流性食道炎の原因と治し方を伊豆の整体院からお伝えします。

からはだふくらか

070-4385-1014

〒410-2211 静岡県伊豆の国市長岡991-4

受付・営業時間:8:30~22:00

スタッフブログ

逆流性食道炎の原因と治し方を伊豆の整体院からお伝えします。

生活習慣病ブログ

2020/12/29 逆流性食道炎の原因と治し方を伊豆の整体院からお伝えします。

目次

・3、4人にひとりがなる。

・胃酸、唾液について。

・薬の服用。

 

【からはだふくらか】によって、全ての生命は、死ぬその時まで、快い身体で、愉しく、悦びにあふれた毎日を過ごします。 

わたしは、死ぬ瞬間まで成長し続け、全ての生命から感謝を受けて、豊かな暮らしをすることができます。

ありがとうございます。

 

私も、以前、不調だった時に、自覚はなかったのですが、逆流性食道炎と診断されたことがあります。

 

【からはだふくらか】にお見えになる方の中にも、少なからず、いらっしゃいますね。

 

 

逆流性食道炎は、ザックリと言いますと、胃酸が逆流して、食道が荒れてしまい、胸焼けなどを起こす症状ですね。

 

寝てる時に起きやすいので、場合によってはノド、鼻にまで逆流してくることもあります。

 

 

口から肛門までというのは、ちくわの穴のようなもので、言わば、身体の外側になります。

 

ですが、空洞のままですと、やはり都合が悪いので、要所要所では逆戻りしないように、括約筋などで通常は閉じるようになっています。

 

そして、蠕動運動によって、先送りするようにもなっていますので、逆立ちをしても、食べたものは、食道から胃を通って、腸に届くようになっています。

 

そもそも、腸なんて一回転してますからね。

 

 

逆流性食道炎というのは、このフタがバカになっている状態とも言えます。

 

では、フタが閉まらないという状態を考えてみましょう。

 

・・・。

 

フタか、容れ物が歪んだりして、閉められなくなっているか、フタが閉まらないほど、中が詰まっているか、どっちか、くらいじゃないでしょうか。

 

 

ですが、大方、壊れているかもしれない、という方ばかりを見て、中に詰め込みすぎ、という所を見ないようにしがちです。

 

 

 

90年代以降急速に増え出したこと、今、国民の3、4人にひとりがなる、ということを見ても、そんなに急に、みんなの身体がおかしくなるなんてことは、相当なことで、なかなかあるもんじゃありません。

 

 

可能性として大きいのは、詰め込みすぎです。

 

 

90年代以降はコンピューターが普及し始めて、いよいよデスクワークの比重が高まり出す頃ですから、身体を動かす機会が、極端に減ってくるだろう事は推測できます。

 

でも、身体を動かさなくなったから、食べる量も減らしましょう、とはなかなかなりません。

 

運動部などの方は、特にお分かりでしょうが、運動しなくなっても、食事量は変わらないから、肥る方も多いですよね。

 

だから、90年代に入って急に食べる量が増えたというより、消費できる量が減ったために、相対的に食べ過ぎになっている、ということではないでしょうかね。

 

 

 

だから、原因も治し方も、もう答えは出ました。

 

食い過ぎ、食うな

 

ですね。

 

 

逆流っていうか、胃に入りきらない分、食道も胃として使っちまおう、っていう考えかもしれません。

 

面倒くさいから、食道で消化しちまえ、って胃酸を引っ張り出してきているのでしょうね。

 

 

例え、胃酸で食道が荒れたとしても、唾液はそれを修復してくれる機能があるので、本来は、それほどの問題にはならないかも知れません。

 

ですが、今、多くの方は歯磨き粉や、マウスウォッシュによって、唾液の力を削いでいますので、修復力が著しく落ちています

 

 

逆流性食道炎に処方される薬は、胃酸を抑えるものですね。

 

食べ過ぎで消化しきれなくて、食道にまではみ出てるのに、さらに胃酸が出なくなったら、なおさら消化できなくなりますね。

 

もっと詰まるから、余計に胃酸を出そうと頑張らなくてはいけなくなります。

 

 

これが対症療法です。

 

 

これを続けると、胃は疲弊して、本当に胃酸が出なくなってきて、消化力の落ちた身体になります。

 

そうすると、今度は、胃腸の働きを活溌にする薬が、処方されるようになります。

 

ブレーキとアクセルどちらも全開!みたいな状況になりますね。

 

すると、いよいよ胃はもう、働けなくなります。

 

 

胃の活動が抑えられるようになると、熱の生産も減りますから、体温が下がります

 

この時、同時に、白血球の働きも抑えられ、代わりに活溌に動き出すのがガン細胞です。

 

薬を服めば服むほどに、胃に過剰労働を強いることになり、めでたくあなたも国民病の仲間入り、ということになります。

 

 

胃酸を抑える薬を服んで、一方で胃腸の働きを良くする薬を服む、ということは、ブラック企業というより、奴隷工場のようなこと、と言ったら良いでしょうか。

 

SMかな。

 

 

ま、悪くなるのも自分の勝手、ですので、ご自由に。

 

ということですが。

 

 

これは、医者が悪いんじゃありませんからね。

 

医者にそれを求めている人がいるから、医者は求めに応じているだけです。

 

 

みんななるべくして、なってるんですよ。

 

 

結局、奴隷になりたくて仕方がないってことですね。

 

 

そうじゃない、と思うのであれば、胸焼け、胃もたれ、している時、食うのを止めましょう。

 

 

身体を維持するために食べるのに、その身体が食いたくない、って言ってるんです。

 

どこに食べる理由がありますか?って話ですよね。

 

 

 

からはだふくらか

TEL 070-4385-1014

e-mail
karahadahukuraka@rakuten.jp

 

 

住所
〒410-2211
静岡県伊豆の国市長岡991-4・P2台
温泉場出逢い通り
湯らっくす公園近く、長岡湯本バス停そば

受付・営業時間:8:30~22:00
定休日 不定休

_c_choju55_0004_s512_choju55_0004_2

 

 

 

#伊豆の国市 #伊豆 #函南町 #三島 #沼津 #からはだふくらか
#肩コリ #腰の痛み #悩み #克服
#温泉場出逢い通り #湯らっくす公園 #長岡湯本

TOP